2011春アニメ 完走の感想 其の参

DOG DAYS

うーん、いかんともしがたい、良くも悪くもないというのが正直なところか・・・
やや起承転結の 転が弱くて盛り上がりに欠けるので、始まって終わったって感じだろうか
もどってお別れはもう異世界物のテンプレだし、
シンクが戻ってくるのは DVD/BDの売り上げ次第ですって感じだけど・・・さてはて・・・
1クールでやるには内容を詰め込みすぎたかな・・・それでどれもが中途半端になってしまったというか
声優アニメだったなぁ~と言うのが一番正しいこの作品の評価なのかもしれない

アスタロッテのおもちゃ!

一応完走したことはしたんだけど、ほとんど惰性で見てたというか
画面見ずに音声だけ聞いていたというか、いつ切ろうか、と思いつつもなんとなく最後まで見た作品

まず、視聴者対象が分からん・・・絵柄とか話の内容は、子供向けだと思うんだが
設定がモロ ラノベ いい話のようだが、 13才の時に犯された相手の子供と恋愛って、ひどくねw
しかも、自分の元には、その子と同じくらいの年齢の犯された相手のとの子供が・・・
設定が酷すぎるだろ・・・寝取られ親子丼とか・・・

なのに話の内容が、童話なんだよね・・・どう評価すればいいのさw
ほんとうは怖い、アスタロッテの世界っていう童話

ただ、丁寧に作られているせいか、雰囲気は悪くないアニメだったなぁと
特に OPから内容そしてEDまで、全体を通しての雰囲気は一貫してて良かったと思うが

設定がもっとまともだったら、日曜のプリキュアとセットでいけるんじゃね的な
これ DVD買う人なんて居るの??

以上。

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い