FC2ブログ

2011夏アニメ完走の感想 その9

花咲くいろは

終わってみれば、可も無く不可もなく、普通の作品だったかなと思います。
最初は、BBAとの泥沼バトルかと思ってたけど、すぐにあっさり風味に
むしろ、ミンチのほうが相手するの大変だったという・・・
ミンチは、友達絶対つくれないだろ・・・あの性格・・・
でもそれでいて、自分の思いだけで勝手に周りの人間の思いまで決めてしまって
自己完結で物事を解決しようとするのは、なるほど脚本が女性らしいリアルな心情だなぁと
つきあう男も相当面倒だろうなぁw ちょっとしたことですぐ勘違いして切れられるんだもん・・・

お花のキャパの広さは並大抵じゃないな・・・
基本的には、成長の物語なんだろうけど、そこまでガツンという事件も無く・・・
まぁでも、感情同士のぶつかり合いが良く出てきたのは、マリーらしい脚本ですね

どっちかってーと、日常系の枠に収まるんじゃないかと

BBA役の人はさすがのベテラン演技を見せてくれたねぃ
そしてやっぱり、本田貴子さんの声は最高や・・・
この作品もキャスティングがなかなか良かったから見られたって思う

小見川については、非常に賛美両論あるだろうけど
下手ではないよ、声質で損しているだけで、気持ちはちゃんと作れてる
じゃなかったら、毎度毎度使って貰えないよ?届く物は届いてる
ソレが感じられない人は、色眼鏡で届け物を受け取り拒否しているとしか・・・
ただ声がどうしても割れてしまうので、それが不快に思えてしまうんだよね
不憫な子だよ・・・私は、良かったと思います。

かなえは・・・作品によって結構ムラがある
キャラがつかめてたり芝居が乗ってると、結構良い感じなんだけど
作品の内容がよく分からなかったり、キャラの性格がつかみ所がなかったりすると
それがそのままお芝居に出ちゃうタイプ、良いときと悪いときがはっきりしている
悪い時に適度にこなす能力がもっと上がれば、これから先もやって行けそう

ほびろん、ぼんぼる、えにしんぐ、マリーは変な単語作るのスキだなw
アナルとか、同人誌は当然のごとくそんな本であふれているらしいしw

しかし、あのコンサル女はかなり謎だね・・・
どうみてもコンサル能力低いと思うんだが、高級車乗ってる所見ると
それなりに繁盛しているようにも思えるし・・・
でも、キッスイ荘ばっかり関わってるって事は他のコンサル仕事やってなさそうだしw
ってか、今まで関わってたぶんって、お金払ってたんだろうか・・・

まぁとりあえず長くなったので、まとめとしては
マリーは、アニメより実写ドラマの方が脚本向いていると思う気がする
別にアニメに向いていないという悪意を込めているわけではなくて
純粋にそちのほうが、物語的に活きそうな気もするが・・・
問題は、日本のドラマ界にマリー台本をちゃんとドラマに出来る能力がなさそうな所かw
下手な人がやったら一気に寒い作品になっちゃうからなぁ

おっとまた話が違う方向へ、それなりに楽しめました。


0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い