2011 秋アニメ第一話感想其の5

ちはやふる

ノイタミナっぽいが、ノイタミナではない
制作がマッドハウスというのがちょっと意外
マッドハウスは当たり外れがでかいので、どっちに転ぶのやら
瀬戸ちゃんは、最近のニュータイプの1人
この年でいやこの年だからこそか素直な演技が出来る子
ただやっぱりそこはまだ、10代、歌の詠み方が下手だったw
まぁでも、キャラとは合っている
というか、全体的にキャラと結構マッチングの高いキャスティングになっているので
なかなかおもしろう、一応最後まで見る予定

ちなみに私は、道民でしたので、100人一首は全国と違い
下の句詠みの下の句取りなので、まんまカルタルールなのです。
と言ってもやってたのは小学校だったから今ではそれすら出来ませんがw

僕は友達が少ない

なんだろね、原作絵のブリキ絵は、すでにシャフトが結構頑張って作画していたので
それに比べられてしまって、損をして居るなぁと感じました。
ただなんだろうなぁ、シャフトの時もそうだったけど
この絵って アニメ向きじゃないような~っと思いました
青春電波の時に声が合っていない~って書いたけども
どうも はがないを見ていても合わない
つまり、絵がアニメーション向きじゃないノデはとちょっと思い始めている
マリナもカナエも声がめっちゃ浮いてる・・・

まぁでも、そこそこ話はおもしろそうなので見ようと思ってます。

ペルソナ4

実はまだ見てないw
ペルソナシリーズやったことがない・・・いやというか正確には
やったことがあるけど、クリアしたことがないので
ゲーム知らないで楽しめるのだろうか~とちょっと悩んでる途中
なぜ、やったことがないのかと言うと、ただ単に、3dダンジョン系が苦手だったから
だから Wizとかも挑戦したことはあるけど、すぐ投げ出しちゃったりしてたし
どうも、あの壁に囲まれた閉塞感がねぇ・・・
別に閉所恐怖症ってわけじゃない、むしろ暗くて狭い場所は大好きだ
まぁ見たらみたでまた感想書きます。

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い