C9 2011/12/28日版

特に最近書くこともないので無理矢理ネタを生み出してみた。
検索で過去に書いたC9の記事をだとってくる人も未だに多いので
C9に関して何か書いてみようと思う。
過去の人気記事←はこちら

偉そうに書いていくわけだけども、私自身そんなに入れ込んでいるわけでもない(。・_・)
なぜかというと、始めた当初から、ブレイドダンサー狙い(未実装)だったので
それが実装されるまでに慣れる意味で遊んでいた程度だから、年内には・・・という話だったのに(>_<)

さて 私のことはこの辺にして

一番みなさんが興味有ることは、どの職が強いのか!?ということだろう
今一部で言われているのは、タオイスト
特に魔タオといわれる魔法攻撃力を高めたタオイストのことである、
事実、秋にあった世界大会、つい今し方行われた国内のトーナメントで優勝したのはタオイスト使用者である

今現在日本では、魔法系の職が強いとされ、近接が主体であるファイター系は不利と言われている
一つは遠距離から攻撃出来る事
もう一つはラグで詠唱時間がかかるというマイナス要素が緩和されている
この二つが関係しているでしょう。
あと普通魔法職は、打つ場所を決めてから詠唱が始まって発動するというプロセスだが
このゲームの魔法は、スキルを使うと詠唱が始まり、詠唱が終わる時に合わせた場所に打てる
エイミングが楽なのでその点が当てやすいというのも相まって、魔法職が強い傾向になるのだと思う

もちろんファイター職は魔法をガードすることも出来るが、ラグの関係でタイミングが難しかったり
ガードは正面から限定なのだが、魔法の不思議なあたり判定で、
正面意外からという判定をされ(いわゆるメクリ)
ガードしているにもかかわらず当たってしまうという事態も引き起こされているのも要因かと思う

じゃぁ実際ファイターは全然勝てないのか?と言うとそういうわけでもなく
強い人はやっぱり強いのが現状、この強さの基準はあくまで操作レベルが拮抗いる場合で響いてくる物で
少しでも実力差があれば、十分に覆すことが出来る範囲内と言える
がどんなゲームでも完璧なバランスというのは、まず無いわけで、
アップデートでいろいろ調整がなされる訳なのだから、キャラの強い弱いにそこまで固執しなくても
自分が直感でやってみたい!!と思った物を選ぶのが、一番失敗しない選び方と言えると思う
これは前回にも同じ事を書いたが、数ヶ月経ってもやっぱりその考えは変わることはない

ただどうしても自分に自信がない、キャラの強さに頼るしか私には道が無いんだ!
という人は、タオイストを選んでおくのはもちろん悪いことではない

じゃぁ、タオイストの強さとはなんなのか?それはバランスの良さ
キャラの説明にも書いてあるが、近接でも遠距離でもどのレンジでも戦える事
割と容易にコンボをつなげやすいこと、距離を詰めるスキルが優秀である事の三つであろう
そして各々のスキルが割合短いリキャスト時間である事が決定的になっている

まとめてしまうと、タオイストの強さは=扱いやすさである

だが、秋に韓国で有った世界大会で優勝した人の話によると
韓国では魔法職より、近接職の方が割合良い感じが良いらしい
これは、日本と韓国でのクライアントのバージョンが違うので、スキル性能も微妙ちがうからであろう
つまりは、今後日本もそういう方向にシフトしてゆくという可能性も高い
今現在でも、タオ強すぎるという声は大きいので修正される可能性もでてくるわけだ

さらに、敵を知り己を知らば百戦危うからず という言葉があるように
勝ちたければ、やっぱりいろんな職をいじってみるのが一番
幸いなことに、12キャラまでと非常に多くのキャラクタースロットが無料で用意されて居るし
LV20での二時転職までなら、頑張れば1日、のんびりやっても3~4日あば転職できるのだから
自分にあった職を見つける意味でも、いろいろなキャラを作ってみるのが一番良いと思う

使わなくなったキャラクターは倉庫代わりにしちゃえばいいしw

とりあえず今は、PvPを主眼として話を進めているが、PvE(一般的な狩り)については次回に回して
今回は、職にかかわらずどういうスキルを選ぶと良いのかに触れていきたいと思う

スキルにはただ単に威力や範囲だけではなく、特殊能力(属性)が備わっている物が多々ある
それらは、戦いを有利に進める物が多く、大きな指標と言えるだろう
それでは、どんな属性のスキルがあるのか見てみよう

無敵
(その名の通り無敵判定中は怖い物なしだが、大抵は技の終わりに大きい隙があるので注意)
スーパーアーマー <SA>
(通常技の途中でダメージをもらうとそこで中断だれてしまうが
 これは投げ技以外に対して、技の中断をされない属性である、ただしダメージは受ける いわゆる力業)
セミスーパーアーマー <SSA>
(基本的には、SAと同じであるが、セミスーパーアーマー破壊という属性を持った攻撃と投げには負けてしまう)
エネミーアーマー <EA>
 (SAと同じではあるが、PvPでは適応されない、enemy(敵)つまりモンスターに対してだけSAの能力のある技)
クラウチ <crouch>
 (遠距離攻撃に対してのみ無敵、特に移動技に付与されている場合が多い)
イベイドダッシュ
 (ダメージをもらった際に無敵になって距離を置く、コンボを全部もらわないように使ったりする
 ただし、リキャストが長く、わざと使わせるという駆け引きもある、使いどころは慎重に)
イベイドアタック
 (ダッシュが逃げるのに対して、こちらは攻撃して返す、痛いなこのやろー!!的な
  これも同様に、コンボをさせないための逃げる手段だが、これも技とそれを誘って
  イベイドアタックに対しての返し技を用意されることもあるので注意、
  狩りの時は失敗するとfuryが発動して悲しい目を見るw)
起き上がり攻撃
 (そのまま起き上がりに出かかり無敵の吹き飛ばし攻撃をだす、だがこれもその対策があるので
  むやみやたらに出すとそこを狙われるので、注意して出す必要あり)
ガード
 (一部の職には無いが、Qボタンまたは↓を押しているとガード性能の分だけダメージを無効化する<正面のみ>
  ただし投げには勝てない、さらにはガード破壊属性の技にも負けてしまう
  うまくガードを使いこなすことが勝率をあげる鍵、それゆえガードのない職は立ち回りが難しい)
パーフェクトガード
 (ガード破壊属性にも打ち勝てるガード、ただしやっぱり投げには負けるし後やっぱり正面のみ)
・セミスーパーアーマー破壊/ガード破壊 (説明するまでもなくその言葉から取れるとおりの意味上の説明を読めば効果はわかるはず)

どの技がどの属性を持っているのかを把握することがとても重要で
自分の職だけではなく、相手の職のスキルについても最低これらだけは把握して事が重要だ

これらの属性のついたスキルに、コンボにつなぐのに必要なものや
威力の高い物などを選択してゆく事で、おおよそキャラの個性が決まってくる
あとは、性能の良いスキルだからといってLV-MAXまであげる必要性もなく
LVをあげることで、属性の能力も上昇するならもちろんあげるべきではあるが
LVをあげても威力しか変わらない場合は、LVを低めで押さえて
特性部分だけを利用するために持っておくという選択もあるだろう

わかっている人も多いと思うが、すべてのスキルをとることは出来ないのだから
いくらスキルリセットのアイテムが有るとはいえ、そうそう安い値段の物ではないので
無駄金を使わないためにも、多少慎重気味にとっもバチは当たらないでしょう

まとめる糸属性のスキルをいつどこで使い自分に有利になる展開に以て行くかが試合の鍵となる
もちろん相手がそれらをどこでどう使うのかも勘ぐる必要がある
そして、チャンス時には確実にコンボを決めてダメージを削ぐ事がで切れば文句はない
職によっては、ワンチャンスで大逆転を狙うのが可能な場合もあるくらいだから
後はもう実践アルのみだろう、ついランキングなどを覗くと上位の連中は
勝率が90%台だったりして、負けるのがあり得ないみたいに思えるかもしれないが
たぶん別キャラやランクマッチ以外では、かなり負けて勉強しているはずである


私個人の話としては、スカウトを相手するのが一番骨が折れる
とりあえず 今日はこんなところで

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い