ビールはおいしくない?

いつもと全く違う話題ですが
このところネット界隈では、
ビールなんてまずくて飲めない若者が増えているらしい事が取り沙汰されています。

これに関してまず最初に思うことはまぁ、
好みの問題だから、おいしくないと思えばそれは仕方がないのですが

それを言ってしまっては話は終わってしまうわけで
まず第一に思うことは・・・

その人達が飲んでいたのは本当に”ビール”だったのか?という事です。
日本では、ビールだけがどんどん酒税を上げられ
メーカーはそれに対抗して、発泡酒を生み出し
それが今度さらに税金を上げられると、第三のビールを生み出して・・・

発泡酒や第三のビールも一般の認識では、ビールという区分に入れられます。
しかしながら、どんなにメーカーが努力しておいしく作っても
発泡酒や第三のは、ビールではないのです。
おいしいというのは、発泡酒というジャンル、第三のジャンルのなかではおいしい
という意味合いであり、ビールがそれらと同じ値段ならまず間違いなく
多くの人は、本来のビールを選ぶはずなのです。それだけ味の差がある

だから、発泡酒や第三類を飲んでいてビールがおいしくないと思っているのなら
それはとても残念な事だと思います。
ビールの売り上げがどんどん下がっているのは、単に日本政府のビールに対する
酒税の高さが原因であり、それらより劣る発泡酒や第三類を飲むのなら
日本酒やウィスキーをちょびちょびやる方がよい
焼酎を割って飲んだ方がよいという流れになっているだけの話なのです。

さらには、居酒屋の中には、ビールと偽って、発泡酒や第三類を出す悪徳な店もあるし
ビール好きな人には即ばれるのにね・・・

決して、ビールがマズイからではない、世界的に見てビールほど愛されているお酒は無いのだから
特にドイツなんかは、ビール戒厳令が敷かれていて
本来のビールの材料と製法以外で作った物はビールと認めないなんて法律すら有ります。
本来の材料とは、(麦とホップとビール酵母と水)
日本のメジャーなビールは、コンスターチが混ざっていたりします。

日本で言うと、プレミアムモルツ、一番搾り、ヱビスあたりは、麦とホップと水と酵母だけになっています。
この中では、プレミアムモルツがビールの苦手な人にとっつきやすい味なんじゃないかなぁ
プレミアムモルツは、ビールの味というより、水がおいしい味で、すっきりしています。
ヱビスは一番濃くて、いかにもビールです!!って味がするので、駄目な人は駄目だと思う
一番搾りはその二つの中間あたり、無難な味

あと、外国ビールはまた日本人との味覚と違って結構独特な味のする物もあるので
(製法が違ったりして)慣れない内はあまりおすすめしません。
ただ、バドワイザーは、かなり薄味?というかコーヒーでいうならアメリカンなので
案外初心者には優しいビールかもしれません。
あと、いわゆる地元系のビール、地方のオリジナルビールは
どうしても個性を出そうとして独自の味を生み出すことにこだわっているところが多いので
これもまた、初心者にはお勧めできません
みんなが思っているより、たった麦とホップと水だけなのに180度違う味になったりするんです。
地ビールは本当にビール好きになってからが良いと思います。
地ビールの有名所と言えば、銀河高原ビールとかです。

だから、おいしくないと思った人は、本当に自分がのんだそれは”ビール”だったのか?
それだけは今一度確認して欲しいと思います。

確認した上でビールの苦みが駄目だ・・・という人はおそらくホップ自体が駄目なのでしょうから
それは仕方がないかなって思います。
ただ、年を取れば味に対して鈍感になるので、ホップ自体の苦みを感じにくくなるため
ホップの苦みが駄目な人は30才を過ぎた頃にもう一度是非試してみて欲しいと思います。

ビールは、ピラミッドが作られていた時代からある飲み物ですが
その頃よりは、超進化してよりおいしくなっています。

ビール嫌いのあなた、是非1度や2度でめげずに、いろんなビールを試してみてください。
もしかすると、あなたに会うビールが見つかるかもしれませんよ?

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い