2012年春夏アニメ 感想の感想その4

坂道のアポロン

ノイタミナらしい いい作品でした。
演奏のシーンとか死人出るんじゃないかと思ったりもしたw
ピアノとかはまだ 鍵盤を撮さないカメラアングルが可能だけど
ドラムはどっからどうみても動きがあるしねぇ~

青春ストーリーとしては楽しめました。
南里侑香がいい仕事してましたなぁ
でも、彼女スペースクラフト抜けてないんだよね、平野とか明坂とかは抜けたのに
あくまで噂では声優方面手を切るみたいな話だったのに上坂すみれとか最近押したりしてて
かなりなぞな事務所だよなぁ、せっかくいい物持ってるのになんか事務所がもったいない気がする
まぁ本人のやりたいことと合致しているのかもしれないが・・・

まぁ最後がご都合主義なのは、アニメだからしかたがないかなっと言ったところ
でもノイタミナにしては12話といつもより1話多くてこれ
もし11話だったらまた、すごい煮え切らない感じで終わって高と思うと12話でよかった

つり球

アポロンのついでで見ていたと言えばそれまでなんだが
そこそこ楽しめました。
これは実にアニメらしいアニメだったと思います。
それを象徴するように、海や空の描き方が紙芝居風な簡素な描き方してたしね
ちょっとリアルアレンジの現代版おとぎ話と言ったところ
ハルの声優さんがすごいよかったと思う、まさに非の打ち所がないハルっぷり
この人でこそのハルのキャラといった感じがした
全体的にキャスティングがよかったよね、ひそかにラム&あたるが混じってたりw
この辺は監督の趣味っぽい

ただ、女性キャラが区別つかね~~~ まぁそんなに絡んでこないからいいんだけど
ちょっとこれは、ユキの恋の話もみてみたいなぁ~って感じた
ふと思ったけど、主人公たちって、はる、なつき、ゆき、あきら って音だけで聴いたら
女でも平気っていう・・・これはたまたまなのかね??
って字面にしたら、春夏秋冬だったでござる・・・女っぽいのはこれだからか!
自己完結してしまった。

まぁいいや、そんな彼らの、心の成長の物語

さんかれあ

基本的にはレアたんを愛でるアニメでいいのだろうか?
レアの父親がすべてを持って行った感があるがw
しかし、いくら痛みがなかったとはいえ、刃物貫通して民間手当でどうにもならんだろw
まぁそこは、アニメとして置いとくとして
ただなぁ、全体的にみんな暗い過去持ちすぎ・・・
ゾンビになっちゃったぜ キャッキャうふふでもいい気がするが・・・
まぁでもそれだと”これゾン”とかぶってしまうか
設定はおもしろいと思うけど、いまいち設定を使い切れていないというか
終わり方からして、プロローグで終わりかよ!!って感じでいまいち煮え切らない感じでした。
なんか いとこだけ違う世界の住人に感じるのはワザトなんだろうか?
幼なじみ?それ負けフラグです。



0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い