今、3Dプリンタが熱い

去年の暮にレコードを3Dプリンタで印刷なんて話題を書いたが
ここ最近ネットでは、3Dプリンタにカンするニュースがたくさん飛び込んでくる

医療などに応用するという試みがいろいろとされているらしい
なんと頭蓋骨を作ってそれを移植したとか
または体組織を混ぜて軟骨のようなものを作ったりとか

あと10年もしたら ある程度の年齢になったら
CTで全身3Dデータとして保存して
IPS細胞をつかって3Dプリンタで損傷した部位を移植
なんて時代が来るのかもしれないね
ここまえくると逆になんか怖いよね医療の進歩が
別に神の作ったどうだこうだという概念の話ではなくて
人は一体どこまで行くのだろうという、そこの見えない恐怖という意味で

実はもう3Dプリンタは個人で持てる時代なんだよねすでに
高いだけで、お金さえあれば個人所有は可能
高いと逝ってもうん百万円もするわけじゃ無くて
数十万円程度、ただ問題はプリンタ本体よりも
インクが・・・なにせ2Dと違って、使う量が馬鹿になりませんからなぁ
作る物とほぼ同じくらいの量が必要なわけだし

3Dスキャナで取り込んでDATAを送り、3Dプリンタで印刷する
これってある種の物質転送装置、ちょっとしたものの
金型とかもうネットで送れる時代なんだなぁ・・・すごいねぇ

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い