2013Q1アニメ完走の感想その1

新世界より

2クール物でしたが、なんだかとっても長い間見ていた気がします。
うーん、話の作りというか物語というか世界観というかは
とっても魅力的で面白そうな題材であるとは思うのですが
いかんせんそれがアニメに活かせていないような感じが始終しました。
あとは、sakiの行動原理がいまいちよくわからない
いつもなんか思いつきで発言して行動している感じがなんか
ちょっとまってと周りを止める場面が多が
大事な場面では他人任せだったり、結構簡単に言いくるめられて
サキが主人公なんだけども、サキを中心に話が動いているはずなんだけども
まったくそんな感じがしなくて、起こった事象の中にサキが居た

そういった意味では、とってもリアルな物語だと思います。
実際人間なんて大きな出来事の前では流されるのが精一杯だと思うし
けども、そのせいで、何がしたいの~~~?っという思いがいつもつきまとう形に

よくある、自分のやりたいことを詰め込みまくった作品なんだろうなぁと
終わってみれば、人間って業が深いよね というお話
あとは、サキの晩年声を変える必要性があったのだろうか・・・
種田さんで全部いけた気がする・・・
なんというか、とにかくなんか惜しい・・・あと一つなんかという感じでした。

サイコパス

う~ん、これもなんかあと一つという感じ
前半のいろんなサイコパスな犯人が出てくるあたりはまだ良いのだが
後半のマシマとの闘いになってくると勢いが一気に落ちてきたなぁと
あとは、朱が主人公として弱すぎた・・・
主人公なので無理矢理覚醒させました、みたいな
その覚醒に至までのレベルアップがほとんどなかったのがなぁ

歴史は繰り返すという話の作りはまぁいいと思うけど

マシマの尻尾つかんで終わらせるのは最後の2話くらいでぱぱっとやる感じで
もう少し、いろんな犯罪者登場させても良かったかと思う
一度失敗して、もう一度別な手段でということで、マシマが一気に小物になってしまった
鳴り物入りした割に小粒感、煽り文句に負けてたかなって感じがします。
しかし、監督やってた人、ブラッドCのあとにコレとか作品恵まれなさすぎ・・・

ROBOTICS;NOTES

これも上の2作品と同じであとなんか一つ・・・今季はなんか不完全燃焼な作品が多いなぁ
三作品に共通しているのが、主人公がどれもこいつが主人公じゃ無くてもいいんじゃなかろうか
と思わせる性格というか活躍度というか、どれも主人公から活躍どころは必要だよね
というそれだけで最後を締める感じが・・・
途中まで主人公、キルバラ、キルバラうるさすぎてイラっとするし
ミズカさんが君島に関わるなという忠告をする理由がはっきりしないまま死んだし
補助機械ありがとうって言ったって事は、ミサねぇが君島に操られていることを
知っていたとも思えないし、フラウ最後単なる応援要員になっちゃうし
まぁ前作の人が絡んでくるという指向はいいと思うんだけど
完全にいまのキャラ達のやることを奪ってしまうのはどうかと思った

話の筋は良いと思うんだけど、いまいちキャラの魅力が足りない作品だったかな

問題児たちが異世界から来るそうですよ?

実は個人的にはわりと好きかもって作品なんだけど
いかんせん途中で切った人も多いだろうと思われる
全体的ななんか微妙な雰囲気がとっても残念だった

最近の角川ラノベアニメってみんなこの謎の空気感だよね
いまいちぱっとしないというか、間が悪いというか
生徒会の一存とかR-15とか未来日記とかこれはゾンビですか?とか

なんか共通して、妙な空気感漂う出来になっているよね
表現がし辛いんだけどもや~~っとした感じの空気

まぁ原因の一つは、プロダクションエースの人間を利用しなきゃいけないという制約
だと思うんだけど、自前の声優学校作って事務所作った以上は
それを利用しなきゃいけないのはわかるんだけど、いかんせん弱い
でも同じ条件でやってる、京アニはまだマシなんだよねぇ
これが制作会社の力の差なんだうか・・・

なんだろうねぇ、何がわるいんだろうねぇ 私にはわからん・・・
個人的には好きな世界観だったのでただただ、惜しいなぁと思うばかりです。

キューティクル探偵因幡

今期の中では、ダークホースだったかな
といっても諸手を挙げて面白かったーーー!というほどでは無かったけども
まぁ暇つぶしに見る程度にはちょっと良かった
声優の力にかなり助けられていた感じがあるが・・・
これ配役間違ってればかなり寒い作品になってたとおもう
すべては、配役したひとのおかげといっても過言ではないだろう・・



今季全体的に
最近は、女性声優に唄わせるにもネタがつきてきたのか
最近は、唄わせるのが男性声優に移りつつあるようだ
今季はかなり多かったのではなりだろうか
男のオタクからお金が取れそうな素材はもう出荷してしまったので
新しい素材として、今度は男性声優を出して腐女子からお金をもぎ取ろうみたいな

あと去年から、歌は、こだまさおり氏の名前が大夫目立つようになってきたね
彼女自身の歌声結構すきなんだけどなぁ、作詞・作曲でがんばってるよう
畑亜貴の名前はすっかりみなくなってしまったのぅ
ともあれ、音楽面に関しては、まだまだ女性の活躍が目立っているね
とりあえずそんなとこか

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い