2013Q1アニメ完走の感想その2

ビビドレッドオペレーション

ん~、盛り上がりに欠けるねぇ
萌えてくれればそれでいい というのが監督の弁だが・・・
キャラの萌えとは、見た目だけにあらず というのが如実に出たよね
話の内容でふとしたキャラが突然の人気になることはよくあるし
その逆も又ある、とにかく全体的に薄っぺらい感が半端なかった
ストーリーというか世界観というか出てくるものが
今まで当たったアニメからちょこちょこつなぎ合わせたという物だから
目新しさが何もないし、オリジナル作品なのに
なんか新人の書いたライトノベル級のシナリオだったかなぁって思う

特に私はてっきり 黒はとおの昔に赤がアカネと知ってる物だと思ってた
というか知ってるようなそぶりの接し方だったよね?
だから最後の方で突然信じてたのに裏切られた!とか言い出して
はぁ?っとなったそして最後に私たちお友達だよね・・・・友情パワー・・・をいをい・・・

シナリオがこんなんでさらに、若い子達(声優)ばかりを中心にそえたので
さらに薄さに拍車がかかってしまった
あやねるもそろそろもう一段階上らないと今後が厳しそう
大坪ちゃんはやっぱり滑舌だなぁ、二人とも大学生になって
そろそろもう、若いから許されるという許容範囲ギリギリ二来ているわけで

黒やってたのは、最近の売れっ子なわけだが
いまいちキャラをつかみきってなかったと思うってか
黒のキャラ事態がシナリオの時点で定まり切れていないから
あるいみ、素直に演じたらこうなると思うわけだが・・・
ここに一ひねり加えられない部分がやっぱりまだ、経験不足があるかなぁ
描かれていない部分足りない部分をいかに自分のエッセンスで
補っていくかが今後の彼女の課題だろう

同じ高村作品でこうまで差が出るとナルト
やっぱり元の話の出来の良さがの違いが大きいと言うことかな?

ガールズ&パンツァー

まぁ本当はこれは前期作品で一応感想も書いたんだけども
やっと残り2話が終わったということで・・・
こっちはうまく終わらせたねぇ、といっても王道中の王道だから当然とも言えるが
ガルパンは、王道に思えて、ビビオペは、パクリの集大成に感じる
この差は一体なんなんだろうね?

フミカネキャラは本当に個々が立ってる
最終話まで一言もしゃべらない丸山ちゃんですら目立っちゃう
このうまさ、さすがに全キャラって訳じゃ無いけども
必ず1チームに一人は、わかりやすいキャラがちゃんと居る
ありくいさんチームがとってつけたのはまぁこれはさすがに仕方が無いところか

とにかく12話でちょうど良かったんだと思う
逆に24話やってたらきっとどこかでダレダレになってかと・・・
なんだろ、こう不足の部分があってそこを想像出来る楽しさがこの作品にはあった
おねぇちゃんすっかり妹LOVEキャラにされちゃったりしているしw

あとは、3Dアニメがこれだけ浸透してきた今の時代だからこそ出来たアニメかなって気がする
しかし、自動車部すげー どう考えてもミホより自動車部が優勝の立役者でしょ
おもろかったよ!

僕は友達が少ないNEXT

1期より面白かった、しかし相変わらず夜空ひどいなw
でも実際問題こんな女の人いるよなぁ・・・
近年まれに見る酷いヒロイン、実際二期は若干空気気味だったし・・・
まぁ小鷹も負けず劣らずダメ主人公なわけだけどもw

しかし え?なんだって!? は今年の流行語大賞になりそうだなw

琴浦さん

第1話感想で、私はこれは失敗なんじゃ!て書いたのとは裏腹
逆に世間では大受けしていたらしい・・・共感できるということで

をいをいみんなどんだけ闇抱えてるんだよ・・・
しかし、真鍋のキャラが良かったな!それがすべて
・・
あの原作をよくもまぁこんな風にしたな!良い意味で
1巻だけちょろ~んと流し読みしたけど
ちょとアニメスタッフ凄いと思ったw
改変しても良くなるならなんら問題ないんだよねぇ当然だけど・・・

くらい話とギャグとのバランスが良かったと思う
まぁ1話だけはさすがに今でもやり過ぎだったのではと個人的には思うが

絶縁のテンペスト

なんだかんだ見てしまった、個人的には葉風がもどってくるまでが面白かったなぁ
後半はなぁなぁで見てた

ただ、この葉風という名前が相当みんな言いずらそうでねぇ
特にウッチーは 博士って言っているように聞こえるんだよね
こういうの結構あるんだよね、漫画や小説だと文字で見るから伝わるんだけども
音だけになると伝わりづらい単語 葉風はさすがにメインキャラの名前だから
他の言いやすい単語に置き換えるわけにも行かずという感じなんだろうけど
どうしても毎話、博士って聞こえるが気になって気になって・・・

話的には私は一応、シェ一クスピアの作品はいくつかは読んだことあるし
他の作品も大筋くらいは知ってたからなんとか会話について行けたけど
シェイクスピア知らない人にとってはちょっと、なんのこっちゃって会話が多々あったように思う

私の趣味としては、二人が戦ってほしかったが
ぽっと出の第三キャラが最後主人公みたいになっちゃったし
アイカが自殺というのは、左門さんが調べさせたが犯人は居ないって当たりで
予想はついた、しかしまひろの性格良いなぁ好きだわあの思考回路

後半は締めにはいって流し気味だったけどもまぁそれなりに楽しめました。

たまこマーケット

昔なじみの人情あふれるご町内アニメを作りたいという気持ちはわかったけども
12話じゃそれを出し切れないよねぇ、やっぱりもっと個々の商店に
スポットが当たるような話がないと、日常系ばっかり今まで作ってきたから
それになれてしまって、もっと商店街全体が騒ぐ事件があっても良かったと思う
じゃりんこチエを作ろうとして、なり損ねた・・・そんな感じがします

作りは丁寧なのでまぁ見る分には問題ないんだけども
塩味がたりなかったかな~って思います。

あといつも私は、京アニが売れっ子とかをあまり使わないのを褒めているが
今回は、あまり売れてない子を使っているのはいいのだけど
その子たちが、今まで京アニでやってきた人たちのコピーみたいな子達を集めたのが
ちょっと残念です。裏を返せばちゃんとオーディションしているから
似通った子を選んでしまうという事なんだろうけども・・・

私が、新人さんを使うことを推奨する理由は昔にも書いたけど
キャラのオリジナリティという部分、たとえば前作の中二病なんかだと
福山さんみたいだと、当り役をもっててその印象が強いので
どうしてもそのキャラの影がちらついてしまい、本来のキャラのオリジナリティが下がる
そういうマイナス面がある、そこであまり聴いたことの無い声を起用すれば
あ○○の声の人だ!みたいな印象がないので、オリジナルのキャラとして受け入れやすい
ところが今回は、似通った人を選んでしまったが為に
○○に聞こえる・・・○○っぽい・・・という印象がつきまとってしまっていた

もちろんこれは、まったく声優に詳しくない人には関係の無いことかもしれないが
名前は知らなくても、潜在意識の中でなんかどっかで聴いたことあるなぁなんてのは感じるはずで
まぁでも、しかたがないんだけどね、ギャラが安いから数こなさないと生活できないんだから
どうやったって、同じ人が毎回毎回声を出す必要性があるのは・・・

んでランクがあがってギャラが高くなってくると
その人に似たた新人を探してあてがうというのがここ最近のはやりです。

と、話がずれてしまった、なんかあと一歩ほしかったなぁ
問題を抱えるたまこの周りに対して鳥が放つ一言が問題を解決してゆくみたいな
山下清てきな展開でやったほうがよかったかもねぇ
そして王子には最後、占わなくても良いよ~
お后候補は、チョイがいるからね~ くらいやってほしかったなぁ
インパクトのある何かがほしかった。


まおうゆうしゃ

歴史のおさらいアニメでしたのぅ
北海道なんかはまさに冬の国そのもの
ジャガイモといえば北海道!みたいなイメージも
戦後の食糧難に対する対策の一つで
厳しい土地でも育つし、そしてなにより土地が有り余っていることで
ジャガイモつくれーー!!的な物の結果だしねぇ
しかしやっぱり、原作しらないけどもそれでも
どう考えも12話じゃ足りなすぎだろう・・・と感じます。
正直原作知っている人向けって感じでしたね

ホライゾンを思い起こすような感じだけど
疾走感というか燃える展開がなかったので
淡々と話がすすんでそのまま終わった・・・そんな感じ

THE UNLIMITED 兵部京介

絶対可憐チルドレンのスピンオフ、アニメオリジナルらしい?
絶チルは、みてなかったんだけどそれでも、楽しめた
なんかサンライズ臭がする作りだったよね
まぁ能力物では、絶対に出てくるテーマだよね
能力者差別、X-MENなどのアメリカンヒーローものとか

新世界よりも題材としては同じだし、他にもまぁありがちなネタではあったけども
ノーマークだったので嬉しい誤算でした。


とりあえず 長くなったのでこんなもんで



0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い