FC2ブログ

2010夏アニメ 第一話感想(2)

の前に 春アニメの最後の作品感想

四畳半神話体系

出来の良さは、春アニメで一番と言ってもいいだろうが
内容的には、個人の趣味の別れ処、今の萌えアニメのブームとは
全く持って無縁だからだ、たぶんDVDの売り上げとしては、他の春アニメには
及ばないだろう、これが今のアニメ界の悲しいところだ
結局は、出来の良さとかおもしろさはなく、DVD/BDが売れるかどうか
それが一番重要なのだ、そういうビジネスモデルを突くってしまい
そこから抜け出すことが叶わなくなってしまった、今の悲しいサガなのだ
と、とりあえずこの作品に関してかけ離れていたのでそれに関しては
またの機会にいということで、四畳半の話に戻ろう
同じ時間の平行世界を10回ほど繰り返したわけだが
エンドレスエイトと違って同じ内容ではなく、かっちりとした変化があった
が、あるていどのオチのパターンは共通していたのでやや 退屈な面もあったが
そこは、演出、見せ方を工夫することでかなり退屈を減らそうと努力していた感が見られた
そして 最終話の11話で その平行世界でのすべての出来事が一本につながるという
面白いギミックだったなぁ~と感心しながら見ていました
独特の色使い、独特の作画、独特の演出、いままのでアニメとは違う
新しいなにか その何かがなんなのかは分からんが
いい作品でした スタッフの皆さんありがとう。
声優陣もめっちゃ良かった。でもやっぱり DVD売れないんだろうなぁ・・・悲しいかな

結局 DVD/BDを買う層というのは決まっていて どんなに面白い物だと思っても
買わない人は買わないんだよねぇ・・・
DVDを買ってくれる層に合わせにゃぁ作っても赤字になるだけ
様々なDVDを今まで買っていた人だって ジブリのDVDは一枚もないという人も多いだろうし
やっぱ DVDの売り上げいかんで制作側の生き死にが決まるというのは
あまり良いビジネスモデルではないよなぁ。。。だれかなんとかしてあげてください。
最近のアニメは、トレンドドラマ化しすぎている
そのトレンドドラマがいまどうなっているかを考えれば 先は暗いよ・・・

さて 夏新作へ移りましょう

伝説の勇者の伝説

80年代後半~90年代前半の香りが満載
しかし、彩陽せっかくのメインなのに、これまた爆死しそうなアニメに・・・
最初声聞いたとき、茅原???って思った、声似てるな・・・
芝居の雰囲気も似てる事に気がついた、もうちょっとだけ、声に強さが欲しいな
役所的に、彼女にとっては成長の見せ所的作品だな
ウマイがまだちょっと素人臭さが抜けきらら無いところがある
さてどこまでそれが抜けるのか・・・それを見届けるために最後まで見るとしよう

セキレイ

一期も見てないし、ヤングガンガン買って読んでた頃にもそこまで
面白い作品だった覚えもないので、見る予定なし

アマガミ

まだみてないが、原作のゲームをやってないのでどうしようか悩んでる
どうせ主人公ハレーレムアニメだろうから展開が予想できるんだが・・・

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い