FC2ブログ

なんともまぁ~

最近ネット上できになったニュースといえば

AMD 路線をAPU一本に??

APUというのは、AMDが独自につけてる名前で
要は、CPUとGPUをパッケージングした製品ですね

いままでAMDはCPUだけの製品を出してたわけですが、そっちはやめちゃうらしいです。
ちなみにインテルはもうとっくの昔にやめてるよね だからこそ頑張っていたんだろうけど
やっぱねー 8コア4GHz とかみるとすごいスペックに見えるんだけど
ベンチマークではかるとそーでもない・・・TDPだけが馬鹿でかいというやつで
まぁ普通の人には、あまりほしいと思えない感じだったし仕方がないよね・・・

やっぱ22nmに移行できなかったのがかなり響いたね・・・
せめて22nmでもっとTDPを抑えられていたならもう少し人は食いついたかもしれない

これは、インテルが自社の工場があるのに対してAMDは、製造が外注だから
その外注先にその技術がないのでどうしようもないという、その差がどうしても出てしまっているのですね

エルピーダをメモリやめてAMDと組んでCPU製造とかにればどうにかなったのかな?
まぁ新しい設備入れるようなお金は当然ないから 100%ありえないのはわかってるんだけどもw

早い話、前にも書いたけど、PS4と箱1が AMDのAPUなのでそっちで商売するよ!ってことですね
でもAMDが頑張ってくれないと・・・すぐインテル調子のるからなぁ・・・それだけが怖い

もう一つが、三菱の個人向けディスプレイの撤退

貴重なジャパ~~ン製品が・・・
やっぱ価格競争には勝てないよね 日本企業は・・・
いいもの作っていることには間違いがないので
ちゃんとそれを求めている人には売れているのは間違いないんだろうけど
たいていの人は映ればいいよ!だと思うしね

そうなると、台湾やLGとかサムスンには、どうしても価格でまけちゃうからねぇ
下手すると同じようなパネルスペックで1万円くらい差がついちゃうし

やっぱ、価格より性能を欲している業務向け一本にしようとするのもまぁ経営上仕方がないよね

今後日本が製造業で張り合えるとしたら、いま製造業を価格で売りまくってる国が
日本水準まで経済成長して日本と賃金格差などがなくなって
製造原価がどんどん上がって日本と変わらなくなってこないと無理だろうねぇ
それまでもう日本が持ちそうにないけど・・・

事実台湾製品なんかは、新製品発表とか見てると10年くらいの日本を見ているような
コンセプトの製品が多かったりするし、最近は価格が多少高くなっても性能重視になっている
数年前は、同じようなスペックの製品なら2倍くらい価格差があったりしたけど
ここ最近は、台湾製もいい値段するなぁ~って感じになってきたしね

そしてディスプレイといえば最近は業界が 4k 4kうるさいけどさ・・・
確かにディスプレイならば4kのほうが画面広く使えて作業領域が増えるので断然アリ!!
だと思うんだよ

でもさ、TVで4k 4k言ってるのは3Dと一緒ではやらないと思うんだ・・・
なにか売るための宣伝文句がほしいのはわかるんだけど、どうあがいても4kを売りにするのは違う

だって、いま一般の人なんてHDとフルHDの違いだって判らない
画質でいえばDVDでも充分な人が一般人なんだよね

それに、実はTVのカタログスペックを各社よく見ていると
32型以下のTVって 1366x768のパネル使ってる製品がほとんどなんだよ
いくらTVの大型化進んでいるって言ったって、40型前後のでかいTVを置いている家ってそんな多くなくて
たいていは32型くらいせいぜい36型だと思うんだよね・・・実際に売れてるサイズのデーター知らないから
勝手な予測でしかないんだけど、そんなに一般家庭にほいほい40型が置いてあるとは思えない

つまりブルーレイすら一般のTVではオーバースペックなんだよ
さらに言えば、いくらTVが4kだって映像元が4kじゃなければ意味がなんだから
制作側も4kにまだまだ追いついていないでしょ

そんななかで4k祭りしている業界に疑問を感じます。

久々に熱く語ってみた!

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い