まさかのメジャーバージョンアップ

ネタ的にはソフトウエアだけども
ハードウエアをコントロールするものだからジャンルこっちでいいよね

DX12だそうな・・・たぶん WIN8.1じゃないとインストールできないと思う
なぜなら 11.2ですでにそうだから・・・

DX10以降はOSで縛りをわざとかけて、OS移行をうながしてるんだよね

DX10は、VISTA以上だったし DX11は WIN7以上だったように

でも実は、いま現在まだまだゲームの主流はDX9なんだよね
なぜなら、いまだにXP利用者が多くて、メーカーがDX9ユーザーを切れない以上
下限に合わせるしかないという状況
VISTAがこけてしまったがために DX10への移行が思うようになされなかった
実際問題 DX10対応のゲームなんてほっとんどない
だからマイクロソフトはXPを早く切りたくてしょうがない
そしてそのあおりをくらって DX11も移行が進まないままになっている
ただDX11は、メーカーによっては DX11モードが用意されていたり
DX11用パッチが用意されていたりする ちなみにXBOX1は、DX11.2準拠のはず
そのためPCとのマルチでだすメーカーとしては DX9が邪魔でしかたがない
だったら、XPとかVISTAとかでも DX11.2を使えるようにすればいいじゃんって話なんだけど
そうするといつまでたってもOSの切り替えが行われずマイクロソフトとしては困るわけ

ちなみにOS対応まとめ
XP=DX9
VISTA=DX10.1
7=DX11
8=DX11.1
8.1=DX11.2

PS4は、AMDのmantleをベースにしているはず・・・たぶん・・・きっと
このmantleのおかげで、同じスペックくらいのPCとくらべて
能力向上がかなっている、早い話利用効率がいい
その最たるものが、メインメモリがグラフィックメモリとの共有になっている点

ちなみに openGLとかも同じような役割のもの
最近では、ゲーム開発者の間では directXがゲーム開発の足を引っ張っているといわれている
でも仕方がないといえば仕方がない部分もある
パソコンは、ユーザーの環境がさまざますぎて、常に汎用性が高くないといけないから
どんなパーツでもOSでも同じように動くことを前提にしないといけないので
ある程度、効率が犠牲になってしまうのです。

今更ですが DirectXがなんなのか?というのはググってください。
私より上手にわかりやすく説明してくれる人がいるはずです。

基本的にバージョンがあがると、表現の幅が増えたり、速度が速くなったり
できることが増えると思ってください。
ですがもちろん、ハードウエアが対応している必要性があります。

この辺がパソコンの面倒なところだね

DirectX11対応のOSとグラフィックカードやサウンドカードがそろっていないと利用できないのが
ただ、基本的にサウンドやコントローラーなどのデバイスはほとんど気にしなくてもいいです。

根本的に関係あるのは 3Dグラフィックスの部分と思っていて間違いない
なぜなら2Dやサウンドや入力機器なんかは、もう今のCPUとかでは
特に気にする必要もなく十分な能力があるので、根を詰める必要性がないから

そんなわけで長々と書いてきたわけですが、DX11.2が8.1で搭載されたばかりだし
箱1がDX11.2準拠なので、私はしばらくこれで行くのかと思ってたところで12発表ですからね
まだ細かい仕様は3月20日にならないとわからないみたいなので どう変わるのかは分かりませんが

問題は、ソフトはインストールすればいいけど
ハードウエアの対応がどうなるのかが見ものです

たとえば、最初は DX11.1しか対応してなかったけどあとからドライバーアップデートで
11.2にも対応できるよ~なんてこともあるし、チップそのものが対応していないので
もうハードウエアが最新にならないと意味がないパターンもあるので、どっちなのでしょうかね~?

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い