6GB!?

ASUSの夏モデル発表あったけど Zenfone3シリーズすごい面白いラインナップだねぇ
Ultraが 6.8インチといういわゆるファブレットってやつだねぇ
なのにスナップドラゴンの625というミドルSoC メモリは3~4という ストレージ容量が高い製品だと
メモリも増えるというあるいみZenfoneの伝統 格安DATA-SIMでの利用を想定してそう
でかすぎて電話としては BTのヘッドセットでも使わないとキツイと思われ

Zenfone 3 Deluxe これも5.7インチとちょっとでかい しかも有機EL
いわゆるフラグシップモデルというやつか
ハイスペック スナドラ820にMEM6GB ただ正直androidで6GBもメモリー必要なのか?という
疑問は沸くが・・・OSも最新で USB3.1のTypeC採用なのでと二かく最新を詰め込んだという感じ
それでいて499$~ というのはビックリ 日本に来ても6万前後というところだろう
Quick Charge3.0も対応

先月発表された日本製のスマホは そろいもそろってスナドラ820 MEM3GB 5インチ前後
ストレージ32GBという 気持ち悪いくらいの横並びスペックで価格は9万越え
海外製品に対してのアドバンテージは VoLTEくらい??

Zenfone 3は、ミドルスペックの今一番熱い3万円前後向けの投入製品となる
スナドラ625 MEM3GB~4GB ROM8~64GB 最近発表されたこの価格帯のなかでは
後だししただけあって、一番コスパが高いように思える ROM8GBは少ないが SDカードが128GBまで対応しているので
特に問題はないでしょう ただ、一つだけ懸念しているのは、なんと裏面までガラス加工してあるらしい
絶対割れるで・・・割れたら海外製品なので保障とかそのあたりが大変そう・・・
あとは Type-C採用だから、一時期話題になっていた、Type-Cの要件を満たいしていない
ケーブルなどが市場にあふれていて誤って利用してしまうと故障の可能性があることか

そのためだろうが 日本の携帯はType-Cを見送っている感がある

もうなんか WindowsPhoneはこのまま死にそうやな
とりあえず Windows10 With Bingのメモリ2GB制限を取っ払ってみてはいかがか・・・
どう考えてもWinつかうのに2GBは 少なすぎやろ。。。
たとえOSが メモリ食わなくなったといっても 最近はブラウザがメモリ食いひどいからなぁ

なんか SoCも 2017年は 10nmに進むらしい ほんとパソコンがいらない時代が近づいているなぁ
形としては WindowsPhoneのContinuum機能的な方向に流れてゆくと思うんだよねぇ

ほんと技術の発展早すぎやで・・・


0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い