FF14 openβ に向けての手引き ~注意編~

とりあえず、もの凄く不親切かつ不便な仕様が多いのでそこら辺について
ちょこまか書いていきます。

リンクシェルについて

リンクシェルは、何種類も加入できます。
戦闘用LS 生産用LSなんて 使い分けも恣意かも知れませんが
現在、リンクシェルチャットは、色が一種類で変更も出来ません。
つまり 3つLSに加入していたとすると、三つのLSの会話が全部同じ色で
表示され、どこのだれが話しているのか分からない上に
自分が話すときは、わざわざリンクシェルの所属を変えないと
同じLsの人と会話ができないため、かなり混乱をキタします。

生産について

というかFF14全体的に、日本語がおかしいです。
たぶん英語を主軸につくって、その単語を日本語化している為と思われます。
そのためか、生産の重要部分の日本語がおかしくなっています。

・作業鍛冶
素材耐用度はそれなりに消費しますが、成功率が高く材料への悪影響が少ない安定したコマンドです。適正な難易度ならこれを通常は選ぶのが無難でしょう。
・突貫鍛冶
結果の幅が大きいコマンドで、運がよければ素材耐用度をあまり減らさずに進捗を進められますが材料への悪影響が大きいので、一か八かの逆転を狙うときなどに使用するといいかもしれません。
・入魂鍛冶
目標品質度がもっとも高まりやすく、高品質を意図的に狙うのに向いたコマンドです。素材耐用度の消費が大きいため、下記アビリティと組み合わせたりなど考えて使う必要のあるコマンドです。
・経過観察
材料の状態が好転するのを期待して待機します。ただしあまり待機しすぎているとどんどん素材耐用度も減っていきます。

と 公式ユーザーサイトのマニュアルをみれば それとなく補填されていますが
それでも実際の作業とは 結構違う感じがします。

上野マニュアルから行くと 作業鍛冶を繰り返すのが一番良いように受け取れますが
現実問題は、突貫作業をまずやって、進展度を70~80%まであげてから
残りの素材耐久をみて、作業鍛冶か入魂鍛冶をするという手法が一番完成率が高いです。

品物の品質というのがありますが、現在そんなに気にするような項目ではなく
とにかく、完成成功率が全体的に低いので、失敗をしないというのが重要になります。
なぜならシャードがもったいないから、生産をやっていればかならずシャード不足になります。
無駄にシャードを消費しないためにも、無駄な失敗は避けたいモノです。
シャードがなに?というのはゲームを始めてみれば分かるので
ここではあえて説明はしません

次に、修練(生産の経験値)の入り方決まり方は、かなり謎仕様です。
同じものを作っても、もの凄い入ったり、全く入らなかったりデス。
失敗してもすごい入ることもあります。こればかりは、自分で手探りで
何が一番効率よくもらえるのかを探すしかありません。

リーヴについて、現在リーヴは、難易度をあげると敵の攻撃力や防御力があがる
という方向性です。

大人数でリーヴをするとき難易度を上げることが多いですが。
範囲攻撃を使う敵が多く、敵の技一発で全員がお陀仏という場面も多いし
魔法系のキャラが、敵に狙われると通常攻撃一発で沈むという場面も多いです。
基本的に、デスペナは、数分間能力が下がるだけで 経験値的にはないので
死ぬことはそんなに恐くありません、ゾンビオンラインが時折発生します。

現在魔法のヘイトがもの凄い強いです。魔法系は事故死は必ずあると思ってください。
前衛キャラに、ヘイトを取る技があったり ダメージを肩代わりするスキルもあるのですが
今現在その能力的に、ゴミ性能であてになるものではありません。
職業によって装備する防具に制限はないので、意外に物理防御重視の装備をしたほうが
魔法使い系は良いかもしれません。

リーヴは開始されていても、途中参加ができます。
もし、エラーでリーヴ中に落ちてもPTをくんで誰かが保持していた場合
保持している人がPTリーダになればもう一度エーテルライトに触れば受け直しが可能です。

フィールドについて、今のところ、アクティブの敵は少ないです。ほとんどがノンアクです。
が、紛らわしい敵がいます。それは、近くに行くとユーザーを追っかけてくるのですが
攻撃はしてこないという敵です。思わずアクティブに反応したかとおもって攻撃してしまいがちですが
立ち止まっても何もしてこないやつも居ますので、そこは経験で判断してください。
アクティブの敵は近寄ってくる前に、まず攻撃してきます。
あと、そこら辺にいるなんとなく見た目が強そうな敵は、手を出さない方が無難です。
4桁ダメージとか普通にもらいます。

段差がすごいあります。下りたら戻るのが大変になる場合もありますので
よく地形を見てから段差は下りましょう。

とりあえず 思いついたところはこれくらい、追加があればまた書きます。

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い