久々にハードウエアの話題

昔は、CPUはCPUだけだったが
最近は、CPUにGPUの機能がくっ付いているのは常識といっていい

個人的にはそんな余計な機能をつけて価格やらTDPやらが上がるなら
やっぱい単体にしてほしいと思うが、PCメーカーの意向なのだろう
いくらインテルとは言え、大口の取引先はパソコンメーカーなので
パソコンメーカーとしてはGPUを内蔵していたほうが製造コストを下げられるわけだしね

もう一つは、core2の時代に、nvidiaが インテルの互換チップセットで
GPU機能付きのものを出していて インテル製のチップセットのシェアが一時期下がったのが大きいでしょう
事実 インテルのCPUにGPUがくっ付きだしたのは、次の’core i’ シリーズになってからなのですから
なので、nvidiaもすぐにGPU機能内蔵のチップセットを作るのをやめてしまった。

とまぁ そんなことは置いといて、ただ正直、インテルの内蔵GPUは エクセルやワード
インターネトや動画を見る分には全く問題がないが、ゲームをするとなると
3Dゲームははやり厳しいところである そこにおいては
GPUもCPUも両方開発販売している AMDのほうが分がある
AMDのほうは3Dゲームでも 画質などを下げれば遊べるくらいの能力はある
ということでまた 違ったライバルの存在があるわけだ

そんなインテルは 頑張ってGPUの性能向上に努めてはいたが
とうとう 白旗か?と思ってしまうのが今回の お話  ここまでなげーーw

インテルCPUのパッケージにAMDのGPUを採用した製品が登場したのだ
ライバル会社の製品を採用したわけである

その名も「8th Gen Core Processors with RADEON RX Vega M Graphics」

なげぇw 日本語にすると
第八世代コアアイCPUにAMDのVEGA M GPU乗っけたよ!
そのままやんけ!!!!! ひねりなさい ひねりなさい ぐぐっとひねりなさい!
この製品の面白いところは、インテルのGPUも実は乗っかってるところにある

特に3D処理が必要がないときは インテルの内蔵GPUを使って
能力がたりなくなったら AMDのGPUに切り替えるという方式
なんて中途半端w
ゲーマー用のノートPCなんかで こんな感じの構成あるけど
それをセットにまとめただけというw
AMD単体で販売されるのは 癪だから 安く自分たちに仕入れて
AMDのGPUに自分達の分の利益ものせちゃおうぜ!!的な せこい製品である

CPUはKaby LakeのCore Hシリーズが基本となっていて
これは何かというと ノート用のCPUである
そう デスクトップ向けではなく ノートや一体型PC向けの製品なのです
一応、処理能力としては geforce1050 相当くらいはあるらしいです

ただ、ノート向けのCPUなのもあり、1080p 60fpsで遊ぶには
画質は下げる必要はありそうですね

ただ謎なのが、最上位機種でTDPが100Wもあること
ノート用としては高すぎる気もするが
最近のゲーミングノートは geforce1080載せたりするから平気なのかな??

個人的にはなんか 珍品な気がしました。


0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い