FC2ブログ

前に一度書いた気がするけど

こんなニュース


・若者人口が減っているのだから当然、新規の酒飲みが減るのが一つ
・お酒を飲まない若者が増えたのも一つ
これについては、既存の大人たちが悪いのだと思う
お酒による酔いに起因する事件事故が多く報道される
また周りの大人が、酒に酔って非常にだらしない姿を見せすぎて
自分はこんな風になりたくないという反面教師

・味覚の変化 ビールは苦くて・・・という理由が昔より多い気がする
・甘いカクテルならば不通に飲める人は結構多い

そういう意味では、ウィスキーや日本酒も避けられる傾向にあるような

・そしてなにより酒税の高さによる 割高感
いわゆる さんごーかん350mlで 50円くらいが税金なんですよ
だいたい220円くらいなので 税金が22%も占めるのがまずおかしい

酒税法が改正されたが、実施はなんと平成26年から 遠い未来過ぎるだろ
ってか 平成もうなくなりそうだろ!!
消費税に統一してもいいんじゃね・・・

そのせいで、発泡酒やら第三のビールやらのまがい物が出てきて
正直、おいしくはないよね まさに安酒でもアルコールが欲しいという人向けという感じで
それを飲んで ああ やっぱり お酒は ビールはおいしくないんだって
若者に思われるのは非常に悲しい話だと思うのです

事実、ここ数年は、アルコール度数競争がやばい
最初は 7%だったストロングも 今や9%だらけ・・
安くて酔えるということで人気で
それも発泡酒にはじまりいまやビールにまで アルコール度数の上昇の波が迫っている

既存のビールは 5%くらいが多くて ぐびぐび飲むものだったが
アルコール度数を上げるのをはやらせてしまうと
結果的にみんな早く 酔いがまわって量を飲まなくなるのだから

メーカーにとって損でしかないと思うのだが・・・

ほろいよいか ストストロングか
高めの個性のビールか 安い第三のビールか

すごい二極化してきているなーって最近思います

0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い