FC2ブログ

これはこれは

過去の日記で ニンテンドースイッチは失敗するみたいなこと書いたんだけど
その予想とは裏腹に、生産が間に合わないほど、本体が売れているみたい

はにわ敗北・・・と言いたいところだが、肝心のソフトの売れ行きは・・・
明らかに本体の出荷数に対しての販売本数が激少ない

結局、ハードよりソフトというのは 過去のゲーム機戦争ではっきりしている
どんなに本体が売れたところで、ソフトウエア市場が不振ならば成功とは言い切れないだろう

正直いまはまだボーナスステージだ
本体を手に入れたのだからそれに合わせてソフト数本は買うだろう
だからソフトもそれなりに売れる

現状スイッチの累計出荷台数は 700万台強 ソフトが2800万本弱
一人平均4本ということころか
ソース元

過去の販売実績をみると、1本体10本が平均のようだ 割と少ないね・・
もっと本数遊んでいる気がするのは ソフトの貸し借りや中古市場は除外されているから

スイッチの今後は この 本体:ソフトの出荷比率が今後どうなっていくのかが注目どころ
最近は ダウンロードだと貸し借りや中古市場に流すことができないので
純粋に購入した数に昔よりは近いはず そう考えるとやっぱり 最低ラインとして
本体1:ソフト10 くらいの比率にならないと、スイッチは成功したとはいえないのじゃないかな?って思います

んでとうとう凸になんでこんな話始めたのかというと


これ、久々になんかこう インパクトのあるものを感じたなぁ~と
なんか、ファミコンのロボットやベーシックを思い起こさせるw
このアイデアのすごいところは、任天堂スイッチってデジタルの塊じゃないですか
でも段ボールはアナログなんだよね デジタルデバイスを使って
アナログで遊ぼうという発想が 面白い!!
段ボールだから 製造コストもやすいし 販売価格も安い
いらなくなったらすく処分できる

今後も新しいデーター追加してゆけば
ゲームソフトを売らずに段ボールうるだけでいい

そしてなによりこのアイデアの一番すごいところは
ユーチューバー向けってこと
これが販売されたらこぞってユーチューバーが動画を作ること間違いなし
ひかきんとか 100%やるでしょw

この時代に合わせたアイデアというのが一番すごい

また任天堂がそれをやるかわからないが
ユーザーに新しい使い方のデータをアップロード
ダウンロードできるようにさせておけば
ようつべと相まって結構もりあがるのではないか?

なるほどなー こういう風にアイデアを出せるのかーと感心したのでした

でもこれで本体売れても サードはもうからないんだよなぁ
サードがもうからないとWiiUと同じ道をたどりそうだなってのが
最初に書いたお話なのです。

2 Comments

し|∵|つ  

なんだかんだ任天堂は子供相手というところは忘れないのが流石おもちゃ会社という感じですね
イースは7までしっかりやってるんだけど やっぱPCでやりたいなぁって思う
ファルコムはすっかりPCげー捨ててしまったから悲しいです。

モンハンがPS4に取られてしまったのがやや痛いですね
今の時代なら マルチで出しそうな気もしないですが

2018/01/26 (Fri) 00:39 | EDIT | REPLY |   

けちゃっぷ  

Switchは昨年発売直後にゲットしました。
スプラトゥーン2やオデッセイを子供たちが遊んでいます。
ボンバーマンはつまらないので3500円で売りました。
ソフトは今後充実してくると思われます。
今年はカービィやDQ11、イース8など期待できそうです。

また段ボールについても面白いアイデアで、
同じように小さな会社もソフトをダウンロード販売にして、
キットをAmazonなどで販売すれば低コストで市場参入できるのが魅力です。
これから期待できそうですよ。

2018/01/24 (Wed) 23:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い